妻 浮気の兆候が出始めた時

日常生活の中で、妻の行動が変わってきてた、なにか不審を感じる。妻の浮気の兆候を感じるるが、確信がないので疑惑のまま。
このような状態では自分精神的な状態も悪化し、なにより夫婦関係もいい方向に向かいません。

 

この時に一番いけないのは「放置」すること。もし浮気をしていたとしても、早期であれば解決すう可能性が高いものですが、
放置している間に本格的な浮気へ発展した場合、事態は深刻になります。

 

もちろん、疑惑の段階なので一方的に疑うのも良くありませんが、まずは事実を確認することが先決。
こういった場合は探偵事務所の素行調査で事実が判明することがほとんど。
浮気調査を行えば、妻が本当に浮気しているか、または単なる思い過ごしがハッキリします。

 

 

探偵の無料相談

探偵事務所や興信所は普段なかなか縁のない所ですが、
全国に拠点を持つ大手探偵なら実績もあり安心して依頼ができます。

 

また大手であれば秘密保持、料金体系の明瞭化、調査員のスキルのた高さなど
安心できる点が多いので、妻 浮気にお悩みなら、
是非、無料相談を活用してみることをおすすめします。

探偵の浮気調査とは?

浮気調査といえば、探偵事務所をイメージしますが、これまで探偵事務所は全く規制がなく、誰でも探偵を名乗ることが出来ましたので、反面多くのトラブルが絶えず、多くの社会問題が発生しました。

 

2006年に探偵業法案が通常国会にて成立したことから、様々な規制が始まることが予想されます。
探偵業法が出来ると、1)届け出制が導入されます。これにより、電話回線を転送させ、多くの拠点があるかのようなごまかしは無くなります。探偵事務所の多くは、実際は拠点を持たない処が殆どなのです。
2)探偵事務所に、従業員の教育義務が課せられることになります。
ドラマでは、探偵はカッコよく描かれていますが、実際の探偵は、スポーツ新聞の三行広告で集めた素人を使って浮気調査を行っていたのが現状で、技術が低いだけでなく、守秘義務さえも守れない者もいたのです。

 

探偵が浮気調査で掲げる目的は、浮気の決定的な瞬間を捉えることです。
どれだけ、尾行がうまくいっても、尾行は目的ではないのです。動かぬ証拠こそが必要になります。
そういう意味では、探偵には尾行調査は勿論のことですが、気づかれず決定的瞬間を捉えるカメラの撮影技術が必要になります。
浮気調査といいますと、闇雲に尾行や張り込みを連想しますが、それだけでなく事前に対象者や浮気相手のことを調べ上げ、決定的な証拠を押さえることもあるのです。

 

探偵業法が施行されることにより、まだまだ問題は残るとはいえ、探偵事務所や探偵の質が向上することが予想されますので、歓迎すべきことだと思います。

 

"

更新履歴